ホームページの作成・作り方

ブログ記事の修正に時間がかかる・・・効率の良い方法を教えます!

この記事では、ブログ・サイト記事の効率のよい修正方法をお伝えしています。

きっかけは、こちらのツイート。

ある程度、記事を書くことができたブロガー・アフィリエイターを悩ませるのが、この「リライト問題」ですね。

新たな記事を書くべきか、記事の修正に時間を当てるべきか
そもそも、記事をリライトするだけでも時間がかかってしまう・・・

そんなお悩みを解決する、効率の良いブログリライト術をお伝えします。
答えは、できるやつだけやればいい!です。

ちょっと見もふたもないので、詳しく説明させていただきます。

基本的には、効率の良いブログのリライトには3つの軸が必要です。

効率の良いブログのリライトの3つの軸

  • 数を減らす
  • 修正点がわかる
  • 目的が決まっている

ブログの修正・リライトに時間がかかるなら、数を減らすべし!

ブログの修正・リライトに時間がかかるなら、まずはリライトする記事数を減らすところから始めましょう。
なぜなら、全ての記事をリライトする必要はないからです。

ツイッターで見かけるすごい人たちは、まるで「書いた記事全てで上位表示してます」みたいな空気を出していますよね。

例:マナブ@バンコクさん(@manabubannai

例2:イケハヤ@ブログ月商500万さん(@IHayato

例3:クロネ@回想モードさん(@kurone43)

このように、1位の記事を持っているのは事実ですが、全ての記事で1位を取っているわけではありません。

ブログの順位を完全に終えるわけではないので正確性に欠けますが、恐らく3割ほどの打率で1位、もしくは上位表示しているのではないかと推測しています。

推測の材料として、他のブロガーさんを例に見てみましょう。

例:minto@ブログ戦略アドバイザーさん(@minto_cafe7)

mintoさんの場合、285記事ある中で92記事で1位を取っています。
単純計算で92/285=0.32… 32%ですね。

他にも、上位表示の割合の話をしていたツイートがあったのですが、探しきれませんでした。
また見つけ次第、追加していきます。

ブログ記事には「上の記事」と「そうでない記事」がある

このように、記事の中でも「順位が上の記事」と「そうではない記事」があります。
すべての記事が1位を取れるわけではないことを考えると、全ての記事に同じだけの熱量を注ぐのは、効率が悪くなります。

例えば、同じだけの熱量・時間を注いで、50位→30位に上げるのと、10位→5位に上げるのとではアクセス数への貢献度が違ってきます。
断然、後者の10位→5位の方がアクセス数への貢献度は高いですよね。
アクセス数が増え、ブログやサイト内での回遊性が高まれば、ドメインへの評価も高まり、関連する記事の順位が上がることがあります。

ブログを効率よくリライトするなら、「エースとなりうる記事」を優先的に育てるべきです。
そのためには、リライトするべき記事を見つけ、数を減らすことから始めましょう。

ブログのリライトに時間がかかるのは、修正点がわからないから

ブログのリライト・修正に時間がかかるのは、修正点がわかっていない可能性があります。
つまり、「どう修正したら、上位表示される(可能性がある)か」という答え・仮説をもっていない、ということです。

この答え、もしくは仮説があれば、その通りに修正すればいいんです。
しかし、答えや仮説をもっていないと、どうなるでしょうか?

「う~ん、この記事、順位が上がらないな」
「どうしたらいいんだろう・・・何を直せばいいんだろうか」
「この部分かな、あの箇所かもしれない」

悩んでいる時間の分だけ、時間がかかってしまいます。
仮説がないので、もしかするとリライトの最中に「あっ!ここの部分も気になる」とわき道にそれているかもしれません。

男性的な目線でいうと、女性の特に当てのないウィンドウショッピング状態です。
あっちにふらふら、こっちにふらふら・・・

ウィンドウショッピング自体は否定しませんし、思わぬ出会いもあるので、それはそれでいいんですが。
「リライト」という明確な目標があるなら、その目標に向かって突き進むほうが、時間はかからないのでないでしょうか?

そもそも答えや仮説を立てられない状態なら、少しでも多く記事を書いて、上位表示された記事を1つでも持つことが大事かと。
「なぜ上位表示されたのか」を考え、その仮説を他の記事にも応用してみたほうが、効率よくリライトできます。

ブログのリライトには、目的を決めるべし!

最後にお伝えするのは、ブログのリライト・修正の目的です。
ブログのリライトの目的は、大きく分けて2つあります。

  1. SEO → 検索順位を上げる
  2. CVR → 成約率を上げる

それぞれでやるべきことは異なります。
細かい部分は別記事で紹介させていただく予定ですが、注意したいのは「なぜリライトするのか」ということです。

順位を上げることが目的なのか
成約率を上げることが目的なのか

はっきりと理解した上で、仮説を持ってリライトしましょう。

リライトに時間がかかっている場合、リライトすること自体が目的になっている可能性もあります。
リライトは手段でしかありません。

あなたのそのリライトは、どんな理由で、どんな狙いでやっているのか?
答えられないようなら、手段が目的化している可能性があります。

やるべきことを改めて見直してみましょう。

効率の良いブログ記事のリライトまとめ

ブログ記事を修正・リライトするためには3つの軸が必要です。

効率の良いブログのリライトの3つの軸

  • 数を減らす
  • 修正点がわかる
  • 目的が決まっている

どの記事をリライトすべきか、どのようにリライトすべきか、なぜリライトするのか
1度改めて考えてみてもいいかもしれませんね。