人財育成

掃除をすると運気が上がる?実は心と深いつながりが・・・

この記事では、掃除で運気は上がるの?と思っているあなたのために、掃除の重要性をまとめました。

「掃除なんかで運があがったら苦労しないよ・・・」
「掃除と運が関係しているわけがない!」

わたしも最初はそう思っていました。実際、大学時代の自宅はかなり散らかっていましたし・・・

しかし、ある出会いをきっかけに「掃除の重要性」に気付くことができました。

なお、運といっても「宝くじが1等が当たる」「万馬券が当たる」といったヒキの部分ではありません。

掃除をすることには、ちゃんと心理学的にも意味があったのです!

掃除が心理学的には大事な理由

あなたは「ブロークンウィンドウ理論(割れ窓理論)」を知っていますか?

ブロークンウィンドウ理論(割れ窓理論)とは?

割れ窓理論とは、軽微な犯罪も徹底的に取り締まることで、凶悪犯罪を含めた犯罪を抑止できるとする環境犯罪学上の理論。アメリカの犯罪学者ジョージ・ケリングが考案した。「建物の窓が壊れているのを放置すると、誰も注意を払っていないという象徴になり、やがて他の窓もまもなく全て壊される」との考え方からこの名がある。
出典:割れ窓理論|wikipedia

割れ窓理論を一言でいうなら、「環境が汚れていると、心も荒んで、犯罪が増える」ということです。

なので、これをひっくり返せば「犯罪を減らすには、心をきれいにするために、環境を整える」必要があるのです。

実際に1994年にニューヨーク市長に当選したジュリアーニは、このブロークンウィンドウ理論を元に、町の落書き・騒音・万引き・違法駐車といった軽犯罪を徹底して取り締まることで、アメリカ有数の犯罪都市だったニューヨークの治安を回復させています。

約5年間で殺人が67.5%、強盗が54.2%、婦女暴行が27.4%減少しています。

環境の汚れは心の汚れをまねく

これであなたも汚れていることが、いかに心にとって悪いことかわかったことでしょう。

掃除をすることで、環境を整えるからこそ、心もきれいになるのです。

掃除のいいところは、今すぐにでも始められるところです。机を拭く、皿を洗う、トイレ掃除をする、靴をそろえる・・・

なんでもいいです。是非1週間ほどやってみてください。

驚くほど、心がおだやかになったのに気付けるはずです。

再建の3原則

中小企業を再建する際に、大切だといわれるのがこの再建の3原則です。

  1. 時を守る
  2. 場を清める
  3. 例を正す

これが再建の3原則です。ここでも「場を清める=掃除」が出てきましたね。

掃除をすることの意味は5Kで表されます。

  1. 気付く人になれる
  2. 心を磨く
  3. 謙虚になれる
  4. 感動の心をはぐくむ
  5. 感謝の気持ちがめばえる

目の前の汚れ・ごみに気付き、掃除という行動を通すことで、自己訓練につながります。

目に見える問題(ごみ・汚れ)を解決できないのに、どうして目に見えない経営の問題を解決できるでしょうか?

先ほどもいったように、掃除のいいところは、すぐに始められる点です。

職場でも是非、まずは自分の机の上や引き出しの中を整理しましょう。目の前にごみがあれば、さっと拾いましょう。

それを続けていくことで、感じられる変化が確実にあります。

大谷翔平選手も実践している掃除

メジャーリーグでの活躍がめざましい大谷選手も、掃除を大切にしています。

一時期有名になった、「夢がかなう魔法の手帳」で大谷選手が高校1年のときに作ったマンダラートを見てみましょう。


出典:ゴルフダイジェストオンライン

マンダラートの使い方をちゃんと知らない人のために、簡単に説明します。

9×9の81マスで構成されており、中心に①「今の目標」を記載します。

①「今の目標」に必要だと考える②「9つのこと」を書きます。

②「9つのこと」は具体的にどういった行動なのか?をそれぞれに9つ書きます。

ここで大谷選手のマンダラートをもう一度見てみましょう。

下の段の真ん中、ダイヤルでいう「7」の部分に「運」というのがありますね。

「運」に必要な具体的な行動の中に「ごみ拾い」「部屋掃除」が書かれています。

大谷選手は、高校1年の時点で「運」に「掃除」が必要なことを理解していたんですね。すごい・・・

大谷選手はメジャーリーガーになってもなお、掃除を続けています。
メジャーの大舞台で「ゴミ」を拾った大谷翔平|東洋経済オンライン

まとめ

掃除の重要性は、数多くの成功者が証明しています。

心がきれいになり、あなたの人としての成長の手助けをしてくれます。行動を後押ししてくれます。

そうした行動の結果を、成功者は「運気があがった」と謙遜しているのでしょう。

あなたの成功を生み出すのは、他のだれでもなくあなた自身です。

あなたは今日から、どんな掃除を始めますか?