ホームページの作成・作り方

個人事業主のホームページ作成を成功させるための3つの約束!

この記事では、個人事業主の方に向けて、ホームページの作り方からホームページを成功させるために必要なことをまとめています。

「どうやってホームページを作ったらいいかわからない」
「何から始めたらいいんだろう」

はむお

ホームページを作ったことがない人は、何がわからないかわからない状態ですよね

この記事を読めば、ホームページの作る方法から、どの方法を選ぶべきか
ホームページを作り、成功するために何を必要かがわかります。

少し長いですが、あなたの大切なホームページを作るために必要なことですので、しっかり最後まで読んでくださいね。

個人事業主がホームページを作る方法

個人事業主でホームページを作るなら、方法は大きく分けてふたつです。

  1. 作成代行(他人に作ってもらう)
  2. 自分で作る

1:作成代行(他人に作ってもらう)

1つ目は、作成代行。
つまり、誰かにあなたのホームページを作ってもらうことです。

作成代行のメリット

「餅は餅屋」と言いますし、あなたがWeb制作の仕事していないなら、誰かに作ってもらうほうが圧倒的に時間も労力も削減になります。

その時間・労力を自分の成長や客先対応に当てるが可能になりますので、効率的ですね。

ただし、いいことばかりではありません。

作成代行のデメリット

依頼する以上、お金がかかります。

制作会社に依頼すれば、会社にもよりますが制作費は30万ほどかかります。
個人のWeb制作だと個人によりますが、半額の15万が相場です。

個人事業主にとって、この負担はかなり大きいのではないでしょうか?

また、制作会社によっては得意不得意があります。
どんな対応なのか、何ができるのかなど個性があるので、そういった部分を自分の目で見極める必要があります。

お客様対応の忙しい時間の合間をぬって、自分で情報を集め、自分で対応して・・・
金銭面以外にもこうした負担も考えていく必要があります。

2:自分で作る

次に自分で作る方法です。
今は無料ブログをはじめ、無料で使えるホームページ作成サービスなども豊富にあります。

自作するデメリット

自作する場合、どうしても時間がかかることは覚悟しましょう。

今のあなたのように、様々な情報を調べ、自分の手を動かさない限りは、サイトができ上がることは決してありません。

毎日すこしずつでも作っていく努力を継続する必要はあります。

また完全初心者であれば、「正しい作り方」がわからないので、遠回りする可能性があることも忘れてはいけません。

間違った作り方をしてしまえば、ホームページが役割を果たしません。
作っても意味がありませんので、自分で作る場合は「正しく努力を続けること」が必要となります。

自作するメリット

メリットで真っ先に思いつくのは、お金がかからないことですね。
有料サービスを使ったとしても、月2~3,000円で済みますので、代行するよりずっと安上がりです。

それよりも大きいメリットがあります。
情報を調べる能力・調べた情報を形にする能力
いわゆる「インプット・アウトプット」が強化されることです。

自分のサイトを作りながら、自分と事業を成長させることができるので、非常に効率がいいです。

個人事業主がホームページを作る方法まとめ

ホームページの作り方

  1. 作成代行(他人に作ってもらう)
  2. 自分で作る

それぞれに一長一短があります。
自分の状況・目的に合わせて、最善の方法を選びたいところですね。

個人事業主が選ぶべきホームページの作り方とは?

わたしが提案させていただく場合、この両方をオススメしております。

その方法とは

  • ベースの部分はわたしが
  • 中身の部分はあなたが

それぞれ担当し、一緒に作っていくという方法です。

一緒に作るデメリット

正直に言います。一緒にホームページを作るのは大変です。

なぜなら、あなたのペースで、わたしのペースで自由に進められないからです。

やり方・制作のスピードに制限がかかります。
仕事とはいえ、人と人なので合う合わないもあるでしょう。

もしかすると、あなた1人でやったほうが気楽かもしれません。

それでもわたしは、一緒に作ることを提案させていただきます。

一緒に作るメリットと必要性

なぜわたしが「一緒に作ること」を提案しているかといいますと、わたしのサイト作りのポリシーにあります。

そのポリシーとは「ホームページは、あなたの分身をWeb上に作り上げること」です。

あなたの想い・考え・経験・知識がベースとなって、コンテンツを積み重ねることがホームページを作ることだと、わたしは考えています。

誰かに全て作ってもらったホームページは、あなたの分身になれるでしょうか?

あなたが作成に携わるからこそ、あなたの分身となり、あなたのホームページになるのです。

ホームページがあるのはあたり前の時代

先ほどもご紹介したように、無料サービスの普及もあってか、多くの事業主が自分のホームページを持っています。

ネットが普及し始めた頃の「ホームページを持っていることがすごい」という時代は、すでに終わっているのです。

また、スマートフォンの普及により、お客様が自ら情報を検索し、自ら商品を選ぶ時代となりました。

あなたもなにか商品を買うときに、商品の情報を集めた経験があることでしょう。
商品の性能や評判・口コミ、価格など・・・選択の権利は、完全にお客様の手の中にあります。

検索があたり前の時代になった今、ホームページを見つけてもらわなければなりません。

ホームページを運用する時代

お客様にホームページを見つけてもらうために必要なのが、ホームページを育てることです。

でき立てのホームページは、いうなれば赤ちゃんのような状態です。
そこにあなたの知識や経験・考えや想いを注ぎ込むことで、ホームページは成長していきます。
成長したホームページは、あなたの代わりに集客し、情報を伝え、セールスまでしてくれるようになります。

このようなホームページ戦略こそが、ホームページを作る最大のメリットになるのです。

個人事業主のホームページを成功させるために必要な3つのこと

わたしに依頼するしないは別として、わたしがクライアントに対して、一番最初に投げかける実際の質問をご紹介いたします。

クライアントに決めていただくこと

  1. あなたのホームページの目的は?
  2. どんな人に届けたいですか?
  3. どんなことを届けたいですか?

1:あなたのホームページの目的は?

これはホームページ上で何を達成したいか、ゴールの部分になります。

商品を売ることなのか、問い合わせをもらうことなのか、ただ集客すればいいのか?

目指すゴールが違えば、当然やるべきことも変わります。

ゴールを明確にすることで、わたしもあなたに提供するものにブレがなくなりますし、互いの意見が食い違うことも減らすことができます。

2:どんな人に届けたいか?

届ける人によって、書くべき文章・情報は変わります。

例えば、パソコン初心者のおじいさんにパソコンを売るのと、ゲームオタクの人にパソコンを売るのとでは、同じパソコンでも文章・情報は変わりますよね?

届けたい人のことがわかれば、届けるべき情報が見えてきます。

3:どんなことを届けたいか?

ゴールが決まり、届けたい人が決まれば、あとは何を届けるかを決めるだけです。

届けたい人とあなたを結ぶ情報が、届けるべき情報です。
パソコン初心者のおじいさんにパソコンを売るためには、どんな情報が必要でしょうか?
どんなことを言えば、欲しい・買いたいと思ってくれるでしょうか?

そして、その情報はあなたの中にあるでしょうか?

届けるべき情報が決まれば、あなたにあるもの・足りないものも見えてきます。
今不足していることは、問題ではありません。
足りない情報を補うことがインプットとなり、あなたを成長させてくれるからです。