ホームページの作成・作り方

制作会社へ依頼|ホームページ作成の料金相場と下準備

制作会社の料金・相場

制作会社のホームページの作成依頼をした場合の相場は、およそ20万~となっています。

作りたいサイトによって、値段は変わってきますが、最低限このくらいは必要と捉えていただくといいでしょう。
ホームページを作るのに、必要な材料のようなものはありません。
かかる値段は基本的に、人件費 + 技術料と考えてください。

細かい話をすれば、ドメイン代・サーバー代・写真代などさまざまありますが
費用の多くの占めているのは、人件費+技術料です。

特別な技術が必要なく、時間もかからないホームページであれば安くなりますし
洗練されたオリジナルのデザインに、独自のシステム・数多くのページを依頼すれば、その分高くなります。

制作会社の料金・相場事例

仮に、個人事業主「地域で開業した整体師」として、ホームページを依頼するとしましょう。

必要なページは以下のように設定します。

  • 目的:名刺代わりのホームページ
  • 一番最初にたどり着くページ(TOPページ)
  • 施術内容・自己紹介・整体院の紹介・施術の流れ・よくある質問の5ページ

とある制作会社様の料金を目安に考えていきます。

制作会社の費用例

ここに文章

基礎費用:300,000円
5ページ作成費用:1ページ10,000円×5=50,000円

合計:350,000円

制作会社に依頼すると、簡単なホームページでも300,000円ほどかかります。
基礎費用の中には、打ち合わせ費やデザイン費が含まれています。
またほとんどの制作会社はホームページを作ることがメインとなり、掲載する写真や文章まで依頼するとさらに値段が追加となります。

相談は無料の会社も多い

制作会社に依頼し契約となると、上記の値段が発生しますが、相談や提案の時点はほとんどの会社が無料で行っています。
ホームページ作りに必要な情報を丁寧にヒアリングし、目的に沿った適切なプランを提案してくれるので、何をすればいいかわからないときは、まずは1度相談してみるのもいいでしょう。

もちろん、相手は経験豊かなディレクターや営業なので、うっかりその場で契約しないように、複数の会社に見積もりを出したり、相談できると、さまざまな費用感や、ホームページを作る目的がはっきりしてくるので、ベストです。

依頼の仕方と探し方

ホームページについて、1度相談したくなったらどのように探し、どのように依頼すればいいのでしょうか?

ホームページ制作会社は、全国に数多くあります。
ネット技術の発展により、遠隔地でもやり取りは可能ですが、地域に根ざした仕事をやられているなら、迷わず地域の制作会社に依頼すべきでしょう。

というのも、地域でお仕事をされているからこそわかる情報が数多くあるからです。
地域に住む人の様子や雰囲気、イベントなど、そこからあなたの仕事にマッチしたホームページ訴求の仕方を提案できる可能性がぐっと高まります。
また地域が近ければ、実際に対面での打ち合わせも気軽に行うことができます。
対面で打ち合わせを行うことで、あなたの人柄や雰囲気が伝わり、あなたらしいホームページを作る助けにもなりますので、出来るかぎり近いほうがいいでしょう。

ホームページ制作会社の探し方

ホームページ制作会社を探すのであれば、以下の3つの方法がおすすめです。

  1. 地域名で検索
  2. アイミツ・ミツモア
  3. ポータルサイトを活用

地域名で検索

地域性を重視するなら、「地域名 + ホームページ作成」 などで検索してみましょう。

例えば私なら、「葛飾区 + ホームページ作成」となります。
県や市町村でもいいですし、もっと小さな地域名や最寄りの駅名で検索してみてもいいかもしれません。

きっとたくさんの制作会社が見つかると思いますので、ひとつひとつ確認し、気になる会社があれば、ひとまずメモしておきましょう。

いくつか見つかったら、今度はひとつひとつの会社のホームページをじっくり見ていきましょう。
ホームページの雰囲気や構成、言葉遣い、料金やスタッフ・社長の雰囲気・会社の規模など、気になるところは全て見てください。

もしあなたが「合わない」と感じられたなら、その会社は除外して、気に入った数社に問い合わせを入れてみましょう。

アイミツ・ミツモア

アイミツやミツモアといった、相見積もりを簡単に依頼できるサービスがあります。

・アイミツ
https://imitsu.jp/

・ミツモア
https://meetsmore.com/

このようなサイトを通して、マッチングを行ってみるのもひとつです。

無料で利用ができるので、安心して見積もりや相談を行うことができます。
自分で探すよりも情報がまとまっているので、スピード感があるのもいいですね。

ポータルサイトを活用する

Webクリエイター向けのサイトではありますが、このようなサイトもあります。

https://www.web-designing.jp/

全国のホームページ制作会社が登録されているので、こうしたところを中心に探してみるのもいいでしょう。
検索だけではなかなか見つからない会社も多数ありますので、ぜひ「Web制作会社一覧」から探してみて下さい。

依頼の出し方

気になる会社が見つかったら、早速「問い合わせ」から会社にメールを送ってみましょう。
大概の会社は、どういった相談なのか?どうしたいのか?という項目が用意されているので、素直に記入してみてください。

ホームページを作りたいが、何からしたらいいのかわからないのか?
依頼したいが、何を準備したらいいのかわからないので、話をききたいのか?
ホームページについて、知りたいことがあるのか?

それだけで十分です。
わからないことがわからない、という状態でも全然問題ありません。

そうした言葉にならない声・想いを汲み取って、形にしていくのが、わたしの仕事でもあります。
ぜひ、なにか聞きたいこと・知りたいことがあれば、いますぐにでもメールを送ってください。

準備しておきたいこと

最後に制作側として、「こんなことが決まっていたら嬉しいな」という部分をお伝えします。

わたしが準備していただきたいものは、たったの3つです。

  1. 目的
  2. 誰に届けるか
  3. 何を届けるか

ここが決まっていると、非常にありがたいです。
これらは全て、ホームページを作るうえでかかせない核の部分になるからです。

目的

目的とは、ホームページ上のゴールとなります。

ゴールとは言い換えれば、あなたがホームページを作りたいと思った理由になります。
例えば、「ホームページで料金やサービスを事前に見てもらえると、説明が楽になるかも」と思ったなら、それがホームページの目的・ゴールとなります。

このゴールを達成するために、わたしはホームページを作らせていただきます。

誰に届けるのか?

誰に届けるのかとは、ホームページを見てもらいたい相手のことです。

先の例であれば、「まだ自分の店でサービスを購入していないけど、気にしてくれているお客様予定の方」ですね。

伝える相手が変われば、伝える内容・伝え方が変わってきます。
まずはお客様・ユーザーをしっかり考えていただくと、あなたの想いも伝わりやすくなります。

何を届けるのか?

何を届けるのかとは、あなたは先の相手に、どんな情報を届けられるのか?届けたいのか?ということです。

先の例で言えば、「料金・サービス」となりますが、それだけだと売り込みになってしまいますね。
そのサービスのよさ・利点、料金が妥当なのかどうか、なぜその料金なのか

もっと言えば、そのサービスを利用するとお客様はどんな良い事があるのか?など、あなたが出したい情報・出せる情報をまとめていただけると、すごく助かります。

まとめ

制作会社にホームページを依頼するとき

  • 値段・費用は20万~
  • 制作する規模が大きく複雑なほど、費用は高くなる
  • 検索やサービスを使えば、会社は見つかる

いきなり決めた会社で依頼・契約まで行うより、しっかり吟味して相談して決めたほうが、間違いなくいいです。
早くホームページを作りたい、という気持ちを抑え、あなたがホームページを作りたい理由をちゃんと理解することが、ホームページ作成を成功させるカギとなります。

もし、目的がわからない、はっきりしないという場合は、わたしも相談を受け付けておりますので、ぜひご連絡ください。