ホームページの作成・作り方

損しないためのホームページの作成依頼|料金・相場はいくら?

「ホームページを作ってもらいたいんだけど、一体どれくらいお金が必要なんだろう?」

ホームページ制作依頼の料金相場はいくら?

ホームページ制作を依頼した際の料金は、一般的に5万円~100万円以上となっています。

なぜ、こんなに幅広い価格帯になっているかというと、理由は2つあります。

  1. 目的・作り方・業者によって値段が変わるため
  2. 形のないもののため

1:目的・作り方・業者によって値段が変わるため

一口に「ホームページを作る」といっても、目的・作り方・業者は様々です。

例えば、ネットショップのような「独自のシステム」を作り、「多数の商品を掲載する」ホームページを、「制作会社」に依頼するとなると、100万円以上は確実にかかります。

  • 作り方:独自のシステム
  • 目的:ネットショップ・多数の商品を掲載(ページ数が増える)
  • 業者:制作会社

目的・作り方・業者でそれぞれ見ていくと、お金がかかりそうなのがわかるのではないじょうか?

では逆に、「名刺代わりの小さなホームページ」を、「既存のデザイン」で、「フリーランス」に頼んだ場合はどうでしょうか?

  • 目的:名刺代わり
  • 作り方:既存のデザイン・小さなホームページ
  • 業者:フリーランス

依頼するフリーランスの方の実力にもよりますが、5万~15万程度で済みます。

このように、目的・作り方・業者によって大きく値段が変わるのが、ホームページ作成料金の特徴のひとつです。

2:形のないもののため

通常の物販と違い、ホームページを作るのに在庫を持つ必要はありません。

そのため、基本的にホームページに掛かる費用は「人件費」のみです。人件費の中に「スキル」や「ノウハウ」といった部分が含まれます。
さらにどのくらいの時間で納品ができるか、といった部分を考慮して、値段が決定されます。

つまり、複雑で専門的な知識が必要だったり、制作するのに時間がかかればかかるほど、値段は高くなります。

またノウハウやスキルに具体的な金額が決まっているわけではないため、ある程度自由に金額を決めてしまえるのが、ホームページ制作依頼の難しいところでもあります。
先に説明した目的や作り方をよく考えずに依頼してしまうと、思った以上の値段が取られてしまったり、目的に沿わないホームページができたりしてしまうので、注意しましょう。

【作り方別】料金・費用の比較

ではまず、作り方別に料金・費用を比較していきましょう。

作り方別に見た場合、下限の値段はそこまで大きく変わりません。
JimdoやWixの場合、システムに制限があるため、少しだけ安いです。
WordpressやHTMLの場合、ページ数やデザインによって大きく変わりますが、最低限のサイトを作る場合でも5万は見ておきたいところです。

HTMLで作る場合の料金相場

HTMLとは、簡単に説明すると、○○.htmlというファイルを作る、一般的なホームページの作り方です。

金額は5万円~となっており、ページ数や業者によって、値段は変わります。
1ページ追加する毎に5,000円~100,000円と幅広く、追加するページの目的や文章作成・画像加工によって大きく変動します。

ホームページビルダーなどのソフトを利用し作るため、新しいページの追加や既存ページの更新は、基本的に制作を依頼した業者に再度依頼する必要があります。

メモ帳などのソフトで作ることも可能ですが、専門の知識が必要となるため、更新性には優れません。

Jimdo・Wixなどで作る場合の料金相場

Jimdo・Wixは、簡単に説明すると、Web上でサイトを作るシステムになります。

金額は4万~となっており、他に比べると若干安くなっています。
JimdoやWixは無料でも使えますが、機能に制限があり、ビジネス利用の場合、有料プランにしないと使い勝手が悪いです。

制作依頼の費用と併せて、システム利用料もかかるため、結果としての値段はほとんど変わりないでしょう。

ページ追加も5,000円~100,000円と幅広く、目的・画像・文章作成によって変わります。
HTMLとの一番の違いは、専門知識がなくともページ更新が可能なため、更新性に優れる点です。
自分でホームページの運営を行いたい場合は、選ぶ価値は十分にあります。

WordPress(ワードプレス)で作る場合の料金相場

WordPress(ワードプレス)は、簡単に説明すると、ブログシステムに近いです。

金額は5万円~となっており、こちらも目的・ページ数によって大きく変動します。
全世界のホームページの内、25%はWordpressで作られているというほど、人気で使い勝手の良いシステムです。
Wordpressにはテーマと呼ばれる、完成されたデザインも販売されています。
一からデザインを依頼するよりも安く、早く、確実に良いデザインのホームページを作ることができるので、少しでも早くホームページが欲しい人はWordpressを選ぶといいでしょう。
知識がなくとも、ブログを書くようにページを更新できるので、定期的に情報を発信をしていく場合は、特におすすめです。

【目的別】料金・費用の違い

次に目的別の費用を見ていきます。
ただし、ここに載せているのであくまで一例であり、あなたの目的によって大きく変わる場合もあります。
参考程度に見ていただければと思います。

ホームページを開設したい場合の料金・相場

ただホームページを開設するだけなら、3万ほどでやってくれる場合がほとんどです。
名刺代わりの情報を載せ、簡単なデザインも含めると、5万~20万程度になります。

ホームページを完全オーダーメイドしたい場合の料金・相場

先の開設料と併せて、デザイン代が大きくかかります。
完全オーダーメイドのデザインで、市場調査や戦略なども依頼した場合、50万~はかかります。

ホームページを更新したい場合の料金・相場

既存のページを簡単に修正する場合は、無料で行ってくれる会社もありますが、更新料がかかる場合、1ページ5,000円~がほとんどです。
別ページレベルの修正・更新の場合は、10,000円以上かかる会社もあるので、最初に確認しておくといいでしょう。

新規ページの追加も、1ページ5,000円~がほとんどです。

用途によっても異なる

ホームページをどんな用途で使うかによって、値段は変わります。
特に値段が高くなりがちなのが「検索での上位表示」を狙ったサイトの場合です。
検索で上位が取れると、放っておいてもお客様が集まるため、「検索での上位表示」の需要は非常に高く、特に「需要の多いキーワード」での上位表示を狙う場合は、時間とともに100万、200万もかかる場合もあります。

【業者別】料金・費用相場の比較

最後に、業者別の料金・費用相場です。

制作会社の料金相場

制作会社に依頼した場合、5ページ程度のホームページでも30万~という会社が多いです。
制作会社はデザイン料がかかる会社も多く、多数の人数が制作に関わるため、値段が高くなりがちです。
その分、実力やノウハウがあるのは確かなので、安心感を持って依頼したい場合は制作会社がおすすめです。

フリーランス・外注の料金・相場

フリーランス・外注の場合、実力にもよりますが、5ページ程度のホームページの場合、5万~15万くらいがほとんどです。
工数やデザインによって大きく変動しますが、個人という立場上、人件費は自分1人で済むので、制作会社に比べると安く済みます。
ただし、実力はまちまちなので、個人に依頼する際は、十分に気をつけましょう。

まとめ

  • 目的・作り方・業者によって値段は変わる
  • 相場は5万~100万以上と、非常に幅広い
  • 安いからいい・高いからいい、というわけではない

ホームページを作る目的をしっかりと考え、それを実現してくれる業者を探すのが一番いいでしょう。

作り方 値段
HTML 5万~
Jimdo・Wix 4万~
WordPress 5万~