プロフィール

夏休み!ラジオ体操チャレンジ|仕事への効果・変化・続けた結果まとめ

この記事では、ラジオ体操がもたらす仕事への効果や変化とともに、実際に続けてみた結果をまとめています。

「ラジオ体操って子供とかお年寄りのやるやつ!」
「ラジオ体操なんて、恥ずかしくてできない・・・」

はむお

さすがに外ではやりませんよっ!

平成最後の夏なので、ふと思い立ったのが、なつかしのラジオ体操!
小学生の頃は、夏休みに6時半くらいに起きて、地域のみんなでラジオ体操いってましたね~

思いつきで始めたのですが、調べてみると思いのほか心や体にいい影響があるようです。
調査結果とともに、私の実体験も随時更新しますので、ぜひ最後までお読みください。

ラジオ体操がもたらす仕事への影響・効果とは?

ラジオ体操を始めてすぐに思ったのが、「仕事にいい効果はないのかな?」ということ。
なぜなら、少しだけ早起きしてやるわけですから、効果がないならやる意味がないなぁと思ったからです。

どうせ意味がないなら、少しでもゆっくり寝ていたいですよね?

自分へのやる気づけのためにも調べてみたところ・・・意外な影響があることが判明しました。

ラジオ体操が生み出す仕事への効果は、以下の3つです。

  1. 記憶力向上
  2. 集中力向上
  3. 職場への影響

ラジオ体操で記憶力向上?

ラジオ体操を行うことで、記憶力が向上するそうです。

理由は、まんべんなく全身を動かすことで、血流を促進さえ、脳に酸素が行き渡るから、とのこと。

脳が活性化すると幸福を感じる「セロトニン」が分泌されます。
セロトニンが増えると、記憶力・判断力・生産性・行動力・創造力・頭の回転が上がるといわれています。

セロトニンは特にリズム運動をしたときに活性化するので、軽快なリズムのラジオ体操はうってつけですね。

ラジオ体操で集中力が向上

ラジオ体操を行うと、集中力が向上するそうです。
参考:「仕事に集中できない」を解消する、朝5分のラジオ体操

これも理由は同じく、全身運動によって、脳が活性化するからですね。

朝起きてから何もしないと、体が完全に目覚めるまで3時間もかかってしまいます。
もし、朝7時に起きたら、完全に目覚めるのは10時くらいですね。
朝一の仕事がどうにも集中できないのは、この完全な目覚めまでのタイムラグに原因がありそうです。

職場へのいい影響

会社全体で行うラジオ体操は職場へのいい影響もあります。
参考:ラジオ体操の効果と仕事やダイエットにあたえる影響

始業前にみんなで行うことで、一体感を育むことができます。
体操を始める前後の会話や、同じリズムで体を動かすことで呼吸を合わせることが、チームとしての認識を強めてくれるからです。

実際に小学生の頃、運動会で行うラジオ体操は一体感を感じられましたよね。
それを毎日積み重ねることで、職場・チームとして成長することができるのではないでしょうか?

ラジオ体操はやっぱり健康に良い

ラジオ体操は、長年愛されてきただけあって、健康にいいのは明白です。

全身には大小含め600もの筋肉があるのですが、ラジオ体操はその内400もの筋肉を動かせるようにできています。

老若男女、全ての人が大きな負荷をかけることなく、バランスのいい運動をできることから、さまざまな健康効果が期待できます。
参考:全国ラジオ体操連盟|質問コーナー

ダイエット

ラジオ体操を聞くとわかりますが、やたらと「呼吸」を意識させてきますよね。

大きく吸って背伸びの運動から~はいっ♪

呼吸を意識して行うことで、有酸素運動となります。
有酸素運動は呼吸をすることで、代謝がよくなり脂肪を燃焼させる効果に期待できます。

肩こり・腰痛

ラジオ体操を行うことで、血流がよくなり、筋肉の柔軟性を取り戻すことができます。

筋肉同士は密接に関係しあっているため、一見何も関係ないように見える筋肉が肩こりの原因になっていたりもします。
例えば、眼精疲労からの肩こりなどですね。

ラジオ体操を継続して行うことで、全身の筋肉に刺激を与え、血流がよくなり、筋肉の弾力性ができることで肩こりや腰痛が、結果として改善されるようですね。

効果検証

ここまで、ラジオ体操がもたらす効果を追ってきましたが、果たして本当なのでしょうか?
せっかくの平成最後の夏なので、わたしの体を実験台にし、試していきます。

ラジオ体操実験
検証する項目は2つ

  1. 仕事面の効果
  2. 健康面の効果

実施のタイミング

  • 朝食後、出勤前

週1で更新していきます!