ホームページの作成・作り方

【安くて使いやすい!】ロリポップの評判はどう?

この記事は、ロリポップの契約に迷っている個人事業主の方のために、ロリポップの評判・特徴をまとめました。

「安いけど、ちゃんと使えるサーバーかな?」
「安全性は大丈夫だろうか?」

「安かろう悪かろう」ではないですが、値段が安いのは魅力的な分、不安もありますよね。

はむお

メインじゃないですが、よく使っているのがロリポップ!

初心者でも使いやすいのがロリポップです!

ロリポップの総合評価と特徴

ロリポップの総合評価

ロリポップの特徴は安さと使いやすさのバランスが良いことです。いわゆる、コスパに優れたサーバーですね。一番安いプランは使えないですが、そのほかのプランであれば、実用性は十分です。

運営会社はGMOの関連会社なので、信頼性もあります。運用実績200万サイト以上はすごいですね。

デメリットは格安サーバーゆえの多重アクセスに弱い点ですね。ただ、それはどの格安サーバーでも言えることなので、ロリポップに限ったことではありません。

ロリポップを他サーバーと比較

エックスサーバー
x10プラン
さくらサーバー
スタンダードプラン
ロリポップ
スタンダード
初期費用(税込) 3,240円 1,029円 1,620円
月額料金(税抜) 1,080円 515円 540円
1年契約合計金額 16,200円 6,171円 8,100円
独自SSL 無料あり 無料あり 無料あり
自動バックアップ 月324円

わたしが使っているスタンダードプラン(上から2番目に高いプラン)でも、エックスサーバーのほぼ半額です。

最近、重要度の高いSSLも無料で対応できるので、最低限の部分はしっかり抑えていますね。

ただし、3社の中では唯一バックアップが有料という点は気になるところです。

ロリポップのデメリット

ロリポップはデメリットらしいデメリットがないサーバーです。

表示速度が遅いという声もありますが、これは格安サーバーならどこで言われていることです。

表示速度を求めるなら、素直にエックスサーバーを選びましょう。

ログイン画面がわずかに大変

ロリポップはログインするのにドメイン名が複数あります。

○○.△△.jp という形で振り分けられます。

  • ○○ ⇒ 自分で決める部分
  • △△ ⇒ ロリポップが決める部分

この△△の部分がなんと109個あります・・・。忘れたら登録時のメールを探せばいいだけなんですが・・・大変ですね。

過去には大規模ハッキングも・・・

ロリポップは過去に大規模なハッキングを受け、管理されているサイトの改ざん被害がありました。

参考記事 ≫2013/09/09 第三者によるユーザーサイトの改ざん被害に関するご報告

実に9,000件近いサイトが被害を受けたことが報告されています。

デメリットらしいデメリットではありますが、すでに対策は打たれており、しっかり対応の経緯も記載されています。今はハッキングなどのトラブルは心配する必要はないでしょう。

ロリポップのメリット

ロリポップは安くて使いやすいので、特に初心者にはおすすめです。

ロリポップは本当に安い

ロリポップのプラン展開は4つあります。

一番安いエコノミープランは、ワードプレスが使えないのでおすすめしませんが、ライトプラン以上ならワードプレスも使えるのでおすすめです。

また、プランの横断・変更も簡単にできるので、万が一のプラン変更のときも安心ですね。

ロリポップは使いやすい

これがロリポップの管理画面です。どこでどんな操作ができるかわかりやすく一覧化されているので、初心者でも扱いやすいです。

ワードプレスも「かんたんインストール」が準備されていますので、安心してください。

ロリポップの申し込み方法

ロリポップの申し込み方法は5ステップです。

  1. プラン選択
  2. アカウント情報入力
  3. お申し込み内容入力
  4. お申し込み内容確認
  5. お申し込み完了

10日間のお試し期間があり、その間いつでもプラン変更が可能になっています。

個人事業主ならスタンダードがおすすめ

個人事業主や立ち上げたばかりの会社なら、スタンダードプランを選択しましょう。

転送量が100GB/日と十分にあり、ワードプレスも複数インストールできるので、テスト環境の実装も可能です。

まとめ

  • 安くて使いやすい
  • 過去にはハッキング事件も・・・
  • スタンダードプランがおすすめ

過去のハッキング事件をどう捉えるかにもよりますが、性能・値段のバランスは優れています。

Webサイトの経費を抑えたいなら、ロリポップを選ぶといいでしょう。