未分類

ストレートネック体験談|こんな姿勢でデスクワークしてませんか?

「デスクワークばっかりやっていたら肩こりがひどい・・・」
「ずっと座っていると、頭が痛い・・・」

デスクワークばかりやっていると、体のあちこちが痛くて大変ですよね・・・
特に気をつけたいのが、以下の3つ。

  • 頭痛
  • 猫背
  • 肩こり

これが重なると、あなたはストレートネックかもしれません。

わたしも実際ストレートネックになり、酷い目にあいました・・・
今では症状は緩和されていますが、たぶんまだ完全には直ってないんですよね・・・
(病院にいけw)

この記事ではストレートネックに悩むあなたに、実際に病院で聞いた正しいデスクワークの姿勢をお伝えします。
なお、首が回らない、ベッドから起き上がるのも一苦労・・・という状態なら、すぐにでも近くの病院にいくことをおすすめします。

ストレートネックになりがちなデスクワークの姿勢


出典:ストレートネック症状とは

まずは、ストレートネックになりやすいデスクワークの姿勢から見ていきましょう。
あなたはこんな姿勢になっていませんか?

ストレートネックになりやすい姿勢としては、以下の特徴があります。

  • 体がデスクに対して前傾姿勢
  • 机に乗せた腕に体重がかかっている
  • 猫背

いうならば、パソコンの画面に前のめり状態です。

この状態だと、頭の重さをほぼ首だけで支えていることになります。
本来なら、首のS字カーブや背骨、腰などで支えるべき重さを首ひとつで支えることになるので、首に非常に負荷がかかります。
結果、首のきれいなS字が崩れ、神経を圧迫し、痛みを感じるのがストレートネックの原因です。

ストレートネックになりやすい姿勢

①スマホ

デスクワークよりもストレートネックの原因になりやすいのがスマホです。

あなたはこんな姿勢でスマホを見ていませんか?

これも同じく、首に負担がかかり、S字カーブが崩れる原因になります。
CMでも「スマホッ首」なんて言われていますね。

仕事で疲れて、電車に乗ってスマホを操作しているときなんかは、思い切りこういう姿勢になりがちです。
自分だけの世界に入りたい気持ちはよくわかりますが、のちのちストレートネックで苦しむことになるので、スマホには気をつけましょう。

②うつぶせ


ベッドや布団でうつぶせで漫画を読んだり、スマホをいじったり・・・
ぐだぐだするのって気持ちいいですよね。

しかし、これもまたストレートネックの原因になります。
本来なら、背中や腰など体全部で支える頭を、うつぶせの状態だと首だけで保っています。

なお、頭の重さは体重の8%と言われています。
体重60kgでだいたい6kg弱ですね。
スーパーで買えるお米レベルの重さです。

それを首だけで支えていたら・・・それはもう歪むのは必死ですね。

ストレートネックになりがちな姿勢まとめ

ストレートネックになりやすい姿勢は以下の3つです。

  • パソコンに前のめりのデスクワーク
  • 首がうなだれた状態でスマホ
  • うつぶせで読書やスマホ・ゲーム

いつもどんな姿勢でいるか、意識してみないとわからないですから、まずは自分がどんな姿勢でいるか確認するところから始めましょう。

ストレートネックを回避する正しいデスクワークの姿勢

ストレートネックを回避するためには、正しい姿勢でデスクワークに臨みましょう。
基本はイラストのとおり、ひざと腰で90度を作ることを意識しましょう。
背筋を伸ばし、腕は机において、ひじも90度がベストです。

なお、この姿勢はなれないと背筋や腹筋がすごく疲れます・・・
きれいな姿勢を保つのは楽ではありませんが、ストレートネックで痛くて動けないことに比べると全然ましです。
衰えた筋肉を取り戻すいい機会と捉えて頑張りましょう。

スマホを見るときも要注意


出典:プロ直伝! 首や肩が痛くならない正しいスマホの持ち方

スマホを見るときも注意が必要です。
基本は写真を撮るときのように、目線の高さにスマホを維持しましょう。

そうするとスマホをもつ腕がしんどいので、イラストのようにスマホをもっていない手をワキにはさむと楽です。
難点は片手で操作せざるを得ないので、ゲームがしづらいことですが・・・
ストレートネックになると、起き上がるのも一苦労なので、できればやってもらいたいですね。

いい姿勢を補助するアイテム

ストレートネックを回避する、改善するためには「いい姿勢」をキープしかないんですが、それはわりとしんどいです。
クセになってるから今ストレートネックになっているのであって、ついつい油断するといつも猫背・前のめり状態になります。

そのため、「いい姿」を補助するアイテムを使ってみるといいでしょう。

金剛筋シャツ

いわゆる加圧シャツです。
胸周り・腹回りがぎゅっと締まるので適度が刺激がありつつ、猫背を元に戻すサポートをしてくれます。
イメージは、巨人の星の「大リーグボール養成ギブス」

出典:ニュースラウンジ
(ちょっと古いですね・・・)

ついでに筋トレにもなるので、一石二鳥のナイスアイテムです。
ちょっとお値段高いですが、ストレートネック対策、猫背対策、筋トレと使えるので、ぜひ試してみてください。

金剛筋シャツはこちら

ストレートネックになりがちなデスクワークの姿勢まとめ

パソコンに前のめりでデスクワークしたり、首をうなだれてスマホを見ているとストレートネックになります。
頭の重さは本来、首だけでなく背中や腰など全身で支えられています。

首に負荷が集中することでストレートネックになりますので、普段の姿勢を正すことが予防・改善につながります。
悪い姿勢がクセになると、矯正するのが難しいので、ストレートネックになる前からきちんと対処しましょう。

なお、すでに痛みがある場合は、整形外科の受診をおすすめします。
すぐに回復するわけではないですが、痛み止めの処方とストレッチマシンを使った治療もあるので、比較的早く痛みは引きますよ。