ホームページの作成・作り方

初めてでも出来る!ホームページ作りの3つの要素

ここでは、中小企業や個人事業主の方に向けて、初めてでも出来るホームページの作り方をご紹介させて頂きます。

一見難しそうに見えたり、特殊な知識が必要そうなホームページ作りですが、基本的な部分はたった3つの要素を準備するだけで簡単に作れてしまいます。

先にWebサイトに関しての仕組みを詳しく知りたい!という方はこちらを先にご覧ください!

Webサイトの仕組みは?Webページの作成〜公開までの流れ

ホームページに必要な3つの要素

ホームページに必要なものは、以下の3つです。

  1. ドメイン
  2. サーバー
  3. サイト情報

基本的にこの3つを準備できれば、あなたの会社のホームページを公開することは可能です。

ドメインとは?

ドメインとは、リアルで言うと「住所」に当たります。

「https://homepage.com/」というURLがあるとしたら、「homepage.com」の部分ですね。
私のサイトで言えば、「hh-fuku.com」がドメインに当たります。

基本的には、同じドメインは世の中に1つしかないので、あなただけのドメインを取得する必要があります。

ドメインの取得方法や、企業サイトのためにドメインを取得する際のポイントに関しては、以下のページで詳しく説明させて頂いております。

サーバーとは?

サーバーとは、リアルで言うと「土地」に当たります。
あなたのサイト情報を格納しておくためのデータベースです。

サーバーは自分で作ることも可能ですが、レンタルした方が早く簡単です。
イメージ的には、ビルに間借りさせてもらうという感じですね。

サーバーのレンタル方法から、企業サイトにおいてのおすすめサーバーは、以下のページで詳しく説明させて頂きました。

まだサーバーを持っていないという方は、是非一度ご覧ください。

サイト情報とは?

サイト情報とは、リアルで言うと「建物・内装」に当たります。

あなたのドメイン(住所)にアクセスした時、どんな見た目なのか?どんな情報が掲載されているのか?というデータを作る必要があります。

こうしたデータは以前は一部の人だったり、ホームページ用のソフトを購入しなければ作れないものでしたが、今はブログなどもあり、簡単に作ることができるようになりました。

あなたの会社や取り組み・商品などを紹介し、ホームページに来てくれた人が見る部分です。
サイトを作る上で一番大切な部分になりますね。

作り方は様々あり、一概に「これが正しい」ということはないです。

むしろ作り方よりも、どんな情報を掲載し、どんな表現をしていくのか?が大切になります。

ブログなどのシステムを利用して、ホームページを作りたい方は以下のページで説明させて頂きました。

ホームページに必要な3つの要素まとめ

ホームページを作る3つの要素

  1. ドメイン  ⇒ 住所
  2. サーバー  ⇒ 土地
  3. サイト情報 ⇒ 建物・内装

慣れてしまえば、1時間も掛からずにホームページを立ち上げることは可能です。
やり方もAmazonなどネットショップを利用する感覚で出来るので、初心者の方でもそこまでハードルは高くないでしょう。

説明を参考に、是非一度この3つを準備して、ホームページを開設してみましょう!