ワードプレス

制作者が選ぶ、WordPressで企業サイトに必須のプラグイン7選

WordPressで企業サイトに必須のプラグイン7選

Akismet

ブログのコメント欄がスパムに荒らされるのを防いでくれるプラグインです。
コメント欄を開放しないという方法もありますが、業種によっては顧客とのコミュニケーションにも使えるため、基本は開けておいたほうがいいでしょう。

WP Multibyte Patch




Wordpressを日本語環境で正しく動作させるために必要なプラグインです。
Wordpressは英語圏で作られたシステムのため、対策なしだと正常に動作しない可能性があります。
日本語で運営するのがほとんどだと思うので、必ず入れましょう。

Google XML Sitemaps

サイトマップを自動で作って、Googleに通知してくれるプラグインです。
サイトマップとは、その名前の通り、ホームページの地図です。
わたしたちが見るサイトマップとは違い、Googleのシステムが理解できるサイトマップが別に必要となるのですが、手動で作成・通知するのはなかなか大変です。

Googleにあなたのサイトを更新したことを効率的に伝えるために必ずインストールしましょう。

Broken Link Checker

リンク切れを自動で検出し、通知してくれるプラグインです。
企業サイトは個人のサイトよりも信頼が大事になります。
ですから、リンクが切れて見れないのを放置しておくのは、信頼を損ねる可能性があります。

過去のコンテンツも定期的に確認している、ちゃんとした会社であることを証明するためにも導入しておきましょう。

All In One SEO Pack

WordPressの内部SEO設定を行うのに必須のプラグインです。
meta discriptionやmeta keywordなどを入力することができたり、更新したことをGoogleに自動で伝えたりできます。
インストールするだけでも効果的ですが、細かい設定・調整を行うことで、効果を発揮します。

少しずつ使い方を覚えていけば大丈夫です。

Contact Form 7

サイトに「お問合せ」機能を実装できるプラグインです。
問合せページ自体もカスタマイズ可能なので、必要な項目を増やすこともできます。

複数のコンタクトフォームも作成でき、導線にあわせたフォームに調整することで問合せを増やすことも可能です。

EWWW Image Optimizer

WordPressにアップロードされた画像を圧縮し、最適化するためのプラグインです。
画像が重いと表示速度が遅くなります。
表示速度が遅いと訪問者の離脱が増えます。
離脱者が増えると、サイトのパフォーマンス的にもSEO的にもよくありません。

サイトの表示速度を簡単に改善できる可能性があるので、インストールしたら定期的に画像のサイズを見直してみるといいでしょう。

企業サイトはWordpressプラグインいれすぎ注意

プラグインはWordpressの魅力のひとつです。
無料でインストールできて、様々な機能を追加できます。

しかし、インストールするプラグインが多いほど、サイトの表示速度を遅くしてしまいます。
サイトの表示速度は、サイトのパフォーマンスに影響しやすい要素なので、極力少なくしておくべくです。

また、プラグイン同士には相性があります。
相性が悪いプラグインを入れると、サイトが表示されなくなったり、今まで正常に動いていたプラグインが動作しなくなったりします。
インストールしすぎるとこうした干渉が発生しやすくなるので、注意が必要です。

最後に、プラグインは場合によってはサイトのセキュリティホールとなりえます。
ウィルスやハッキングの可能性もあるため、極端に更新されていないプラグインのインストールは避けたほうがいいでしょう。
インストールしているプラグインは定期的にアップデートを確認して、常に最新のものにしましょう。