ホームページの作成・作り方

【レスポンシブ・日本語対応】おすすめのワードプレステーマは?

この記事では、レスポンシブ・日本語対応のおすすめのワードプレステーマを紹介しています。

「ワードプレスのテーマは数多すぎて、探しづらい・・・」
「日本語対応じゃないテーマも多いから、使いづらい・・・」

世界中で人気のあるワードプレスだからこそ、テーマや日本語未対応の多さも目立ちますよね。
この記事を読めば、作りたいサイトのイメージに沿ったテーマを見つけることができます。

なお、有料であればどんなサイトでも使いやすい「JIN」がオススメです。

【レスポンシブ・日本語対応】おすすめのテーマはJIN

有料テーマであれば、どんなサイトでも相性の良いJINをおすすめしています。
アフィリエイターのひつじさんと赤石カズヤさんが共同で作ったテーマで、読みやすさ・使いやすさは他の有料テーマの群を抜いています。

わたしもお客様のサイトにJINを導入しましたが、本当に使いやすい・・・

正直、ふくWebデザインにも導入しようか検討しているところですが、CSSの実践も兼ねて、まだLightingで行きます。

JINの3つの推しポイント

  1. バリエーション豊かで優れたデザイン
  2. 初心者でも簡単にできるカスタマイズ
  3. アフィリエイターの知識が詰まった内部SEO対策

JINの公式サイトはこちら

【目的別】有料でおすすめのワードプレステーマ

あなたが作りたいと考えるサイトごとにおすすめの有料テーマをJIN以外で選びました。

目的に応じたデザインや機能を最優先に考えています。
有料テーマを購入する一番の理由は、すでに出来上がったデザイン・機能性にありますので、カスタマイズの自由度は優先度低めです。

ビジネスブログ

1人株式会社や強い個人を売り出していくビジネスブログの場合、TCDのAGENDAをおすすめします。

AGENDA

値段は22,800円となっています。
すこし高い値段設計ですが、個人ブランディングに強い専用のシステムが揃っています。
特に「活動実績」「活動報告」という項目があるため、情報発信とは別に、「このような活動や結果を残しています」という部分を強く打ち出せます。

あなたの活動を強力にアシストできる機能に加え、すっきりと整ったデザインにより信頼感を醸成できるテーマです。

AGENDAの公式サイトをチェックする

ポートフォリオ

あなたの地域社会に対する貢献や、芸術的な活動を記録し、あなたのファンを作っていくなら、LIQUID PRESSのポートフォリオはおすすめです。

ポートフォリオ

価格は、6,900円と比較的安めです。
写真をさまざまな形で並べることができるので、写真家の方や、写真を通して自分の活動を見せていきたい人にオススメしたいテーマです。

インスタグラムとの連携も可能で、インスタグラムに写真を投稿するとワードプレスでもその写真が投稿されます。
複数のプラットフォームに効率的に、自分の作品・活動を周知できるので忙しい方でも十分に、ホームページを充実させることができます。

ポートフォリオの公式サイトはこちら

コーポレート

中小企業など、堅実な信頼性や技術力を見せていきたい人には、TCDのNEXTAGEをおすすめします。

NEXTAGE

価格は9,980円です。
見た目としては、良くも悪くも「コーポレート」然としており、変なクセがないため、安心してホームページを作っていけます。
情報発信が可能なブログ機能とは別に、プレスリリース専用のページも設けられているため、企業としての成果・情報を見やすく発信していけます。

NEXTAGEの公式サイトはこちら

【目的別】無料のおすすめワードプレステーマ

ビジネスでホームページを作るのであれば有料テーマを使ったほうが、スタートダッシュは早くなりますが、どうしても難しい場合は無料のテーマを使うのもひとつです。

有料テーマに比べると、デザイン性・機能性は落ちますがカスタマイズを重ねることで、十分実用に耐えうる性能を持つテーマも多いです。
テーマは何度でも変えることができるので、スタート時などは特に重宝しますね。

ビジネスブログ

個人を推していくスタイルのなら、Cocoonがおすすめです。

Cocoon

シンプルさがウリのテーマとなっています。
スキンと呼ばれる着せ替え機能も豊富なので、簡単にデザイン性を高めることも可能です。

華美な装飾がない分、コンテンツの良し悪しがダイレクトに反映されてしまいます。
その分、コンテンツ力は磨かれ、良いコンテンツであれば、その作者への信頼へつながります。

ブログ・文章を通して、顧客とのコミュニケーションを大事にしていくなら、選んでおきたいテーマです。

Cocoonの公式サイトはこちら

ポートフォリオ

無料でのポートフォリオを作るなら、無料のPortfolioがおすすめです。

Portfolio

先ほどのTCDのテーマとは別ものです。
写真をさまざまな形に並べることができ、マウスオーバーで文字が浮かび上がったりとデザイン性も十分です。

雰囲気を崩さずにカスタマイズするのは難しいですが、十分に整ったデザインなので、そのまま利用しても問題ないレベルです。

なお公式サイトは英語ですが、インストールすれば日本語対応可能です。

Portfolioの公式サイトを見る

コーポレート向け

無料のコーポレート向けのテーマなら、Lightningがおすすめです。
当サイトでも使っているテーマです。

Lightning

シンプルで余計なクセがないので、信頼性を損なうわけにはいかないコーポレートサイトとは、特に相性がいいです。
専用のプラグインも用意されており、簡単な操作でホームページを作ることが可能です。

特におすすめなのが3PRブロックというコンテンツです。
企業サイトでよくある「会社の3つの特徴」のようなコンテンツを簡単につくれます。
会社や製品の特徴・セールスポイントを訪問者に端的に伝え、興味を引くことができれば、問い合わせにもつなげやすいです。

Lightningの公式サイトはこちら

まとめ

ワードプレスの魅力のひとつが、この豊富なテーマです。
目的にそったテーマを選ぶことで、デザインにかける費用と時間を短縮することができます。

ホームページは作って終わりではなく、育てて運用していく時代です。
ぜひとも、この優秀なテーマを使って、すこしでも早く土台を作り、1日でも早く運用を始めていきましょう!